格安航空券で沖縄旅行するデメリット

機内での快適さを求める人には不向き

日本国内から沖縄へは、出発する地域にもよりますが約2、3時間程度かかります。飛行機に乗っている間は出来るだけ快適に過ごしたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。格安航空券は安さを売りにしているので、とにかく交通費を抑えたい人にはとてもオススメです。しかし、機内ではゆったりと足を伸ばしたりリクライニングを使ってリラックスしたい等快適さを求める人には不向きと言えます。格安航空券は座席数を多く確保する事がコストダウンの1つの理由として挙げられます。その為、格安の飛行機のほとんどは機内のシートがとても狭くて足を伸ばせるようなスペースが無く、隣の席とも近いので窮屈に感じるでしょう。また飛行機が小型の場合は揺れを感じることも多くなるというデメリットが考えられます。

有料のサービスが多いので注意が必要

格安航空券には有料のサービスが多い事が特徴の1つです。大手の航空会社では、一定の重さを超えない荷物であれば基本的には無料で機内荷物預かりサービスを利用できます。しかし格安航空の場合は、機内に預ける荷物の全てが有料になる場合が多いのです。荷物の重さ等によって料金が設定されているので、大きければ大きいほど料金が跳ね上がってしまう可能性があります。また機内食を利用したい場合や、座席を指定したい場合も有料になる場合がほとんどです。大手航空会社では無料でできるサービスであっても、格安航空で同様に利用してしまうと結果的に高額になる可能性が考えられます。旅行の帰りはお土産などで荷物が増えるので特に注意が必要です。

久米島のツアーには、グラスボートで海底見学をできるツアーや、熱帯魚を間近に見られるシュノーケリングツアーなど自然を感じられるツアーがあります。