格安航空券で沖縄旅行する際の運賃

近場から向かう場合について

国内から旅行でこの県に向かう場合、出発地域によって往復運賃は大きく異なります。まずはじめに、九州の北部に位置する大規模な空港からはLCCでやって来る事が出来ますが、片道5000円から6000円で済むケースもあります。そのため、様々な工夫をすれば往復運賃をわずか1万円程度で済ませる事も十分可能です。続いて、九州南端の都道府県内にある空港からやってくる場合については、距離的には相当近いものの格安航空券を利用できない関係で、片道約1.5万円・往復3万円前後の運賃がかかってしまいます。

鹿児島県南端エリアの離島からアクセスする場合についても、格安航空券は利用できません。具体的に言うと、所要時間はわずか1時間程度ながら運賃的には片道約2万円・往復約4万円となります。

遠方から向かう場合は?

続いて、国の首都内に位置する空港からだと時間的には片道3時間近い時間がかかってしまいます。しかし、LCCを利用すると片道約1万円・往復2万円前後でやってくることができます。さらに首都の東隣の都道府県内にある国際空港からであれば片道運賃はわずか8000円前後で、色々と工夫をすれば往復の運賃が1.5万円強で済む状態です。

この国の最北端に位置する都道府県内の大規模な空港からはほとんど直行便が出ていないため、基本的には首都圏の空港を経由してアクセスする形になります。この場合は、まず首都圏の国際空港までやってくる際の運賃を片道6000円程度で済ませる事が可能です。首都圏の国際空港からの片道運賃を8000円で計算すると片道1.4万円となりますので、往復運賃を3万円以内に抑えることもできます。

奄美群島の1つ、与論島の旅行には、鹿児島か沖縄の空港、あるいはフェリーで向かいます。透明度の高い青い海、白い砂浜、満天の星空など、自然の美しさを堪能できます。