通常の航空券購入のデメリット

航空券にも普通運賃ってあるの?

航空券を格安に手に入れる方法はいくつかあり、多くの人が利用しています。ここで疑問に思うことは、そもそも格安航空チケットがあるということは、飛行機にも電車などのように普通運賃は存在するのかということです。実は飛行機にも定価運賃というものはあり、「片道運賃」と呼んでいる航空会社もあります。

飛行機のチケットは、早期購入や株主優待などを利用する事で割安に購入することが出来ます。つまり、普通運賃で旅行に行くということは、かなり旅費が高額になってしまうこともあるのです。例えば国内主要航空会社で、沖縄行きの航空券を普通運賃で購入しようとすると4万5千円を超えてしまいます。75日前の早期購入割引を利用すれば、片道1万6千円弱となるので、いかに普通運賃が高額であるかわかるでしょう。

マイルでのデメリット

飛行機を利用する事でポイントを貯めることが出来るマイレージですが、ここで貯めることが出来るマイルは、基本的に飛行距離で算定されます。もちろん早期割引で航空券を購入する場合は、普通運賃でのマイル加算率よりもいくらか低く設定されています。だからといって、減らされたマイルポイント分よりも、もっと安く航空券を手に入れられることがほとんどで、マイルにおいても普通運賃でのデメリットは大きいと言えるでしょう。

サービスに関しても、割引を使って安く購入した航空券と、普通運賃で購入した航空券で差が生まれることはないです。沖縄旅行に行くために航空券を手に入れる必要があるのなら、なるべく安く手に入れて、浮いたお金で旅行を充実させた方がいいと言えるでしょう。

竹富島のツアーは日帰りから宿泊できるものまであります。島を巡るための観光バスやレンタサイクルもありますが、水牛車でゆっくり移動するのも非日常的なゆったりとした時間を体験できます。